Waves Projectでは、2022年11月19日(土)から11月28日(月)の会期にて本原令子の個展『un/breakable 足踏みしている、ピンク色の「ちぇっ。」』を開催いたします。
陶芸を軸にコンセプチュアルなアプローチで制作を行う本原は、陶芸の素材である粘土の成分や、さらには地球を構成する物質について考察を重ねてきました。人間の身体は分解されれば皆同じ元素に行き着く、しかしその構成要素が同じであっても人々の考えが多様であることに興味を持ち、食卓で人々へインタビューを行う活動など昨年愛知で行っています。
本展では、20年以上前に本原が自身のボディパーツを型どった陶器作品を用いて、現在の視点から新たな作品を制作します。その根底には「端折ることのできない時間」に対する眼差しがあり、この新作インスタレーションは自身の体験を紐解くような試みとも言えます。

11/26(土)にはゲスト立木康介氏(精神分析学者、京都大学人文科学研究所教授)を招いてトークイベント「令子の部屋」を行います。

本原令子 個展
足踏みしている、ピンク色の「ちぇっ。」
2022年 11/19(土) – 11/28(月) 
*火・水休廊
11:00-17:00
入場無料

会場
Waves Project
259-0302 神奈川県足柄下郡湯河原町門川63-1 [Google Map]
TEL 050-3717-0032

トークイベント「令子の部屋 第8回」
ゲスト立木康介氏(精神分析学者、京都大学人文科学研究所教授)
2022年11月26日(土)
18:00-20:00
Waves Projectに隣接するCafe Sampoにて行います。
参加費: 2,500円1ドリンクつき 定員15名。
アーカイブ動画配信: 1,000円 定員なし

お申込み方法
下記のリンクよりお申込み、または問合せ先へご連絡ください。
当日のトークイベント [申し込みフォーム] *受付け終了
アーカイブ動画配信 [アーカイブ配信申し込み] *受付け終了

詳細・お問合せ
メール info@wavesproject.net
Tel 050-3717-0032
企画・主催 Waves Project

作家紹介

本原令子
1963年生まれ。美術家/陶芸家。多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン科卒業、1992年にロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)セラミックスアンドグラス修士課程修了。2011年にはヨーロピアンセラミックワークセンター(オランダ)でレジデンシーに参加。2012年から5年間、静岡市にある弥生時代の遺跡「登呂遺跡」を舞台に社会実験を行うプロジェクト「ARTORO(アートロ)」を行い、その活動を記録したエッセイ、「登呂で、わたしは考えた。」を執筆。富士の山ビエンナーレ(富士)、韓国国際陶磁ビエンナーレなど、各地の芸術祭にも参加。
作家ウェブサイト

Waves Project is pleased to announce Reiko Motohara’s solo exhibition, “un/breakable” from November 19 (Sat) to November 28 (Mon), 2022.
Motohara, who takes a conceptual approach to her work with ceramics as her main medium, has been analyzing the elements of clay as well as the materials that make up the earth. She is interested in the fact that the any human body is composed of the same elements, but that people have diverse ideas even those elements are the same. For that interest, she has been interviewing people at their dining tables in Aichi last year.
In this exhibition, Motohara uses ceramic works molded from her own body parts more than 20 years ago for creating new works from her current perspective. Underlying this work is an eye toward “time that can never be broken off,” and this new installation can be seen as an attempt to unravel her own experiences.

On Saturday, November 26, a talk event “Reiko’s Room” will be held with guest Kosuke Tsuiki (psychoanalyst, professor at the Institute for Research in Humanities, Kyoto University).

Reiko Motohara Solo Exhibition
un/breakable
2022 11/19 (Sat) – 11/28 (Mon)
*Closed on Tuesdays and Wednesdays
11:00-17:00
Admission free

Venue
Waves Project
63-1 Kadokawa, Yugawara-cho, Ashigarashita-gun, Kanagawa, 259-0302 Japan [Google Map]
TEL 050-3717-0032

Talk event “Reiko’s Room vol.8”
Guest: Kosuke Tachiki, psychoanalyst and professor at the Institute for Research in Humanities, Kyoto University
Saturday, November 26, 2022
18:00-20:00
The event will be held at Cafe Sampo, next to Waves Project.
Fee: 2,500 yen with 1 drink, maximum 15 people
Archived video streaming: 1,000 yen, no capacity
For registration, please contact

Artist

Reico Motohara
Born 1963. Artist/Potter. Graduated from Tama Art University, Graphic Design Dept., and completed an MA in Ceramics and Glass at the Royal College of Art (RCA), UK in 1992. Participated in a residency at the European Ceramic Work Centre (The Netherlands)in 2011. Worked on the social experiment project ‘ARTORO’ at ‘Toro Ruins’ from the Yayoi Period in Shizuoka City for five years since 2012, . She wrote an book “At Toro, I thought” which documented the activities of the project. She has also participated in various art festivals, including the Fuji Mountain Biennale (Fuji) and the Korea International Ceramics Biennale.
Artist’s website

Contact
Email info@wavesproject.net
Tel 050-3717-0032
Waves Project

Credit
photo: Kabo
cake: Cafe Sampo